東京の貴金属は金買い、白金買い

年初トレンドはユーロ主導のドル高。貴金属はドル建てから反発し、続伸無しとしても買いスタンスへと傾斜中。売りが枯れていて下がらず。金でいえば1999年の280ドルに近い雰囲気。金、白金の売りは出来ずです。白金は南アで電力不足がシビア、もし19時頃に30ドル上がったら停電していると見て良いでしょう。わかりやすいのは原油ガソリンの売りで、このままバレル40ドルコース、北海での成約隻数も減少傾向。ゴムは失速しましたが、円安回帰で買い目線で。シカゴ穀物は中立化し南米ヘッジ売り限月の3月、5月限が消えるまで重さが残る。小麦失速でコーンが調整入り。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事