29日からの新年取引は一段安を意識(貴金属、原油)

今日はクリスマスで市場は休日モード。東京15時には為替レートの呈示も停止します。全体的には欧州通貨主体でドル高に傾斜、円ショートの勢い鈍く、ドル高によるドル建てコモディティの一段安の新年(29日から)を意識。とかく年明けは明るい話題が優先されがちですが、相場は別もの。別に上がらなければ、下げ相場を売りで進めばいいわけです。ドル建て市場にパワーがある以上、円安背景(期待)の買いは、潜在的な投げポジションです。シビアに向かえる2015年は、まずは越年リスクを意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事