米国一極集中の2015年へ

クリスマスを挟んで休日モードなり、アジアも動かずへ。25日は東京15時には為替レートの呈示も停止し、静かなメリー・クリスマス&ハッピーニューイヤーとなります。さて米国株の続伸で2015年は米国一人勝ちの世界へ、金融緩和が奏功するなら日本も2020年頃にはばら色かも。ドル建て資産では株式市場がべストで、ドル高のもとでは貴金属には厳しい年に。ロシア、中国の落ち込みで東西両陣営の成長格差が見える一方、どの程度、ユーロ圏が立ちあがるのか。不安なエリアの金需要に関心ありです。原油はバレル20ドルの世界も喧伝される中、目先は横ばい。シカゴ穀物はコーンが上昇維持で東京も買い。ゴムは為替で買い目線です。ドル高にて、ここからのコモディティはドル建てマイナスをどこまで円安換算値が中立化するかが注目点。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事