2015年はコモディティ安株高へ

感謝祭明けはドル買い再開。システムなスクリーンプレイでブレントが下落(たまたま感謝祭の休日で閑散だった)し、銅も下落しコモディティ下落からドル高進行のデフレモードへ。日本インフレ減退を確認し本来は円高となるところで思考停止の円売りが先行。2015年は波乱相場になります。メタルは先週末に金銀が崩れ白金が追随安、パラジウムのみ確り。スイスではユーロ圏のど真ん中で通貨高と(移民問題を背景に)これも景気減速が背景。金準備を拡大したところで景気には影響ゼロで投票はノーとなりました。メタルは下落へ。原油は製品在庫を消化する来年2月まで原油を買う理由なく、失速。銅も下落し地合い悪化。シカゴ穀物は収穫完了で輸出マーケットに依存する相場形成となりますが、続伸は無し。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事