感謝祭休日アプローチ

先週末のユーロ円に続きオージー円失速、つれてドル円も118.50円の実需の指値売りで下落、アジア中銀某国のドル売りもあり、円安の流れに変化ありの感謝祭前。足元は金売りは不可。世間でいわれる金1000ドルは無いでしょう。リースマーケットは依然タイトなまま。PGMも買い目線を維持。目先の115円台の円高でも買い。しかし原油ガソリンは売り。OPECは無力にてこのまま失速。ブレント、WTIは下落継続。そして買い目線の大豆、トウモロコシ。CG穀物は米国内流通にタイト感が発生、下がらず。ゴムは膠着入りとなり、目先のドル円下落で下値確認が先行へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事