取引の実現性:入門編

今日は、取引において起こりうる重要な事についてお話します。

長期的に100%お金を儲け続けられる売買システムはありません。
私たちは、トレードにおいて失敗することがあるという事を認識した上で、戦略を実行し、取引に集中し続ける必要があります。

たとえば、私たちは、勝ちトレードで10ポイントを獲得し、負けトレードで10ポイントを失う取引では、60%の勝率を出せる取引戦略を持っていれば、利益を上げることができます。

この戦略上のトータル•リターンは、 ((0.6 * 10) + (0.4 * -10)) =2ポイントとなり、1回の取引で平均0.2ポイントを得ることができるでしょう。
それにより、私たちは長期的に利益を積み上げることができるのです。

問題は、10回のすべての取引において取引戦略を忠実に実行できるかどうかです。

以下が実際の取引戦略の結果だったとしましょう。

取引1 :勝ちトレード
取引2 :負けトレード
取引3 :負けトレード
取引4 :勝ちトレード
取引5 :負けトレード
取引6 :勝ちトレード
取引7 :勝ちトレード
取引8 :負けトレード
取引9 :勝ちトレード
取引10:勝ちトレード

上記の戦略結果を踏まえ、今度はあなたが実際に取引を行ったとしてどの様な事が考えられるかみていきましょう。

最初の取引1は勝ちトレードです。あなたは自分の戦略で成果を上げたことに満足します。
その後、取引2.3で負けトレードが続きます。口座残高がマイナスとなり、自分の戦略に疑いを感じたため次に実行すべき戦略(取引4)を回避します。

取引4は回避しましたが、結果自体は勝ちトレードであったため、再び自分の戦略に自信を持ち、引き続きその戦略に従うことを決めます。

次の取引5は負けトレードです。それでも、今度は戦略を信じて取引を進め、その後取引6と7で勝ちトレードとなり口座残高がプラスマイナスゼロに戻りました。

しかし、次の取引8では負けトレードとなり口座残高は再びマイナスに沈みます。結果、あなたはそれまでの過程に失望し、実際には勝ちトレードとなった取引9と10を見送る選択をして取引8で戦略を終えてしまいました。

あなたの取引結果は-10ポイントですが、取引戦略を忠実に実行していれば+10ポイントで終了していました。

上記の例は、相場動向やパターンの重要性を認識しつつも、リスク管理を正しく行なうことの重要性を強調しています。もし、あなたのリスク管理能力が劣っているならば、一貫した収益を得る見込みは非常に低くなります。

詳細な計画のもとで、トレーダーとしての強みと弱点を理解することが安定して収益を上げるための鍵となります。そして、あなたのストレスを軽減させることにもなります。

今後のコラムでは、リスク管理のルールを忠実に実行するためのポジション量や資金量について、そしてメンタル面についての管理方法をお話します。

私のコラムに関してご質問がありましたらどうぞ以下ウェブサイトからご連絡下さい。又、私の日々のトレードとテクニカル分析のニューズレターを無料でご提供させて頂いておりますので是非ご登録下さい。
https://www.protraderjapan.com/otoiawase/
https://www.protraderjapan.com/newsletters/

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事