円全面安、130円からが勝負どころ

円全面安でユーロ円の買いが持ち込まれ、ユーロ持ち上がりでミニマムにドル安。それでオージーとカナダ下落もありドル高傾向。貴金属は金のロンドンフォワードは6ヶ月先までバックワーデーションを維持し上もなく下も無く円安で押し上げへ。白金は上がらず1180割れコース。ブレントは構成油種の英国原油が下落したままで、12月の調達も起きず、このまま製品需要が戻る3月までは下落コースもあり。OPECは影響なし、典型的な需給緩和。CG穀物は期近の買いが一巡から大豆、コーンとも下落。まずは利食い売り撤収モードへ。ゴムは膠着帰りで上も無く下も無くでしょう。※日銀のドル売り介入の時間帯は経験的には0930時東京。東京時間で抑えられない場合は、ロンドンオープン、NYオープンで委託で出るはず。 いずれ、日銀介入とリズムを合わせれば、下で買い、上で利食いの回転で130円越えからが勝負でしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事