米財務長官、為替レートに言及(暗にドル高を懸念)

今朝方NY17時前に米財務長官が暗に為替レートに言及(ドル高を懸念)、影響は為替レートには出ていないものの注意が必要です。貴金属はドル高傾向のもとで圧迫感が残る。原油は最弱でこのままバレル70ドルへの下落コースでしょう。CG穀物はミシシッピー中流域が凍り始め、輸出需要がタイト化し上昇。ゴムは東京から買いとなっています。※なお、米国株には短期的に方向感がなくなっており不穏。重ねて円安進行の反動を意識するタイミングに入りつつあるのでは。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事