ドル安円安とFOMC前の株価ブレイクアウト

FOMCでQE(量的緩和)の終了を確認へ。その前に事前スクエア的なポジション調整のドル売りがユーロドルに入り、ドル円は円安回帰でドル安円安へと傾斜中。米国株は主要指数は上にブレイクアウトしつつ、センチメントが好転する中でPGMは確りとなり実需買い参入気配あり。金銀は小康ですが、円安もあり買い目線で。白金も買い。原油は横ばいモードに入りつつ、中は円安ですから買い目線で。CG穀物は米中西部の鉄道輸送がタイトになっている模様で、期近から買い戻しの大豆、コーンは、やはり買い目線で。ゴムは196円を下値に買いですが当先価格差拡大もあり重さありです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事