ドル高継続だが、円安速度は鈍化

週明けのロンドンから静かにユーロの買い戻しが入り始め、NYオープンからドル安へ傾斜、貴金属は銀先頭の戻りとなり高値引けとなり、一旦直前の売り直しタイミングでもどってきた7日朝東京。基本は売り回転(つまりはドル買い)で変化なく、貴金属は調整が続く。原油はWTIがローカルに上昇しつつブレントは上がれず軟調が続く。シカゴ穀物は降雨で収穫が遅れており大豆期近を先頭に反発のいつもの米国産地。目先は戻り高値を確認へ。ゴムはシンガポールが今日休み明けとなり、動意が見えてくるでしょう。基本スタンスは売り。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事